事前の調査が大事

男性/20代
職歴:デイサービス1年、地域密着型特養2年
25歳の男性です。自宅で両親、祖母、妹と暮らしています。
持っている資格は介護初任者研修、社会福祉士、社会福祉主事です。

人間関係に悩む

25人定員の社会福祉法人運営のデイサービスです。
給料は少なく、人間関係も特に年配の女性職員間で悪く、それが利用者にも伝わっており、フロア内が暗い雰囲気になることがあって耐えきれませんでした。

専門知識を生かしたい

人間関係が悪くてやめたのも理由の一つですが、これまで、大学で社会福祉について学んでおり、最初は介護の現場を知りたいという思いで社会福祉法人の特養を希望していましたが、デイサービスに配属されました。
デイでは介護をほとんど利用しない方々のレクレーションの場であったため、物足りなさを感じて辞めました。

施設を見学して

新聞の広告に入っている求人情報を頼りに、自分で直接施設へ連絡し、見学に回りました。

地域密着型特養

社会福祉法人が運営する地域密着型特養です。

リーダーとして

給料はやはり少なく感じていますが、そこは仕方がないと割り切っています。
仕事ではユニットのリーダーを任され、チームで仕事に取り組んでいます。
毎日様々な利用者の問題に直面していますが、それでも一つ一つの問題に真剣にみんなで取り組んで、充実した仕事ができていると感じています。
また、都会にある特養なので、田舎の施設に比べて家族の関わり方も難しく、医療的ケアを望まれる方がとても多いです。
そのため、亡くなるのは、施設ではなく病院という利用者がとても多いです。

待遇面の改善を!

仕事内容や、人間関係では特に不満はないです。
しかし、給料が少し少ないと感じています。
あとは夜勤が時間が少ない分、夜勤明けの次も仕事となるため、あまり休みがないのがきついと感じています。
また、家族との関わりで、家族の方が施設に求めることが、施設での専門的な医療ケアや利用者の特別扱いなど、なかなか難しいことばかりで困惑しています。

待遇や福利厚生について

もう少し、給料や休みについて詳しく調べておくべきでした。