新規オープンのデイサービスへ転職し自分がやりたい介護ができた!

男性/50代
経歴:有料老人ホーム1年、デイサービス3年
IT業界に20年以上勤務した後、福祉関連の仕事に携わりたく転職した50代の男性です。
現在はデイサービスの介護スタッフをしています。
子供は男が二人でいずれも成人しています。

初めて経験した有料老人ホームでの介護職

異業界から転職し、初めての職場となったのは、有料老人ホームでした。

大切なスタッフとのコミュニケーションがとれず転職

私は、勤務しているスタッフの半数程度に対して人としてどうなのか?という疑問を感じていました。
例えば、レクリエーションの企画を行う際に入居者を喜ばせてあげたいという気持ちが私には全くないと言われてしまいました。
私はこの施設でのスタッフとコミュニケーションがうまく取れていなくて、今後も協力して良い施設が作っていけると思えなくなってしまったので転職しました。

心機一転して新しい職場へ転職

最初に退職した職場で、信頼できるスタッフがいました。その方が新規オープンするデイサービスに転職するので
一緒に働いてみないかと誘われてデイサービスへ転職しました。

スタッフのモチベーションの高い職場へ転職をしてよかった

現在の職場は、比較的規律が緩く、スタッフすべてのモチベーションも高く、何事にも一生懸命に取り組むところです。
小規模のデイサービスですがオープン後から地道に稼働率を上げて現在も常に80%以上をキープしています。
仲の良いスタッフに囲まれてとても充実しています。転職してとてもよかったと思っています。

協力のある仲間に囲まれて最高の職場

転職前と比較すると人間関係はとても良く、仕事も楽しく行えています。レクリエーションの企画も自分たちのやりたいことを
存分にさせて貰っています。仲間も、とても良く協力してくれる最高の職場だと自信を持って言えます。

給与面の不満

給与などの待遇面は転職前と比べるとだいぶ劣っているのが不満ではあります。ボーナスは無くても仕方がないですがせめて昇給はあって欲しいと
思っています。色々と改善要望を出しているのですが、なかなか実績反映されないのが現状です。

転職をしたという決断は間違ってはいなかった

自分のやりたい仕事をしたくて給料の低い介護士をあえて選んだのだから、自分のやりたいことがやれる職場を探した。
しかしそこにはさまざまな壁があります。しかし転職をしたことでその壁は改善され、さらに最高の職場といえるところへ転職でき、自分の決断は
間違ってはいなかったんだと喜んでいます。